2017年。

マイナス3度と表示されたアイフォンのフォントがたまらない朝。今年も残りわずか、お店のアイウェアたちもお正月をここで迎えるのか、愛してくれる人に出逢えるのか落ち着かない時を過ごしています。アイウェアみんなには今年一年とてもお世話になりました。そして、みんなを可愛がっていただいた皆様ありがとうございました。今年はずっと、このお店が続いてきたのはどうして何だろうと自問し続けた日々でした。そのことについて決して答えが欲しい訳ではなく、迫りたかったのだと思います。百五十年間のことを高々一年で考えていこうなど甘いこととは承知の上、ぶつかっていきました。ぶつかるというと強弱フィジカルなイメージですが、柔らかさの中へ入り、流れるようなイメージでした。柔らかく流れるように想像していっても、濁流に溺れそうになったり、石のような頑固さが現れてきたりして、弾け飛んでしまいそうでしたが、そういう時こそ空を見上げ、遠くの声を聴き、遠くと近くの小さな命を慈しむことを大切に感じました。

眼鏡店として、アイウェアショップとして、ここまで継続させていただいている理由のひとつは、歴代のお店に関わってきた人たちが眼鏡という鏡を磨き上げてきてくれたからなのだと思います。鏡はありのまましか映さない。「それを纏った人がありのままのせかいを出来る限り見れるようにと、磨かせせていただいた鏡。」その真摯な行いのことを「デザイン」と呼び、そして、決して万能ではないゆえに、さらに良い「デザイン」へと鏡を磨き続けれる人のことを「デザイナー」と言うのだと思います。そして、そのように生まれたデザイナーのデザインフレームを皆様が纏っていただいて初めて「アイウェア」という顔になるのでしょう。歴代の社長や社員、パートの方々のそこへの努力と純粋さを無駄にしてはいけない。やはり、そういう思いを共有していただいたお客様への感謝こそがすべてなのです。ありがとうございます。僕が汚れても、鏡は絶対に綺麗なものを纏っていただきたい。この一年で心地よく消失できたことを誇りに、慢心せず謙虚な心で、2017年の残りの日々を進んでゆきます。

年末年始は12月31日の17時まで、2018年は1月3日正午より営業いたします。どうぞ宜しくお願いいたします。少し早いですが、今年も一年お世話になりました。感謝しております。2018年も皆様にとって良い年でありますように。

投稿者:Kumashiro  2017/12/28 14:34アート アイウェア ファッション ライフスタイル 書籍 音楽

クリスマスケーキプレゼント❤️

寒い日が続いていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。気づいたら今年も残り後わずか…いつのまにかのスピードを誰か止めてはくれないでしょうか。時の過ぎゆくまま、気づいたらクリスマス。お店では今年も毎年恒例のクリスマスケーキプレゼントフェア開催いたします。12月22日から12月25日の期間にアイウェアご購入の方には、ホールのクリスマスケーキをプレゼントいたします。みなさまのお越しをお待ちしております。

投稿者:Kumashiro  2017/12/22 13:10アイウェア ファッション ライフスタイル

朝日が迎える場所

STUDIO FB New Collection 24,000yen+tax

朝日が迎える場所は、いつもどこの場所なのかはわからない。ふと、気づいたら、今日はここだった。
柔らかな光に寄り添うように呼吸している。今日も誰かとの出逢いを心待ちにしている。
ここまで辿り着いた思いを胸に秘めながら。

投稿者:Kumashiro  2017/12/15 10:46アート アイウェア ファッション ライフスタイル

Happy Christmas Fair! 愛する人にアイウェアを。

12月に入り急に寒くなってきました。2017年も気づいたら最後の月がやってきました。月日の流れは早いものです。今年も皆様に一年間お世話になった感謝の意をこめて、12月7日から12月25日までの期間で、クリスマスフェアを開催いたします。当店からのクリスマスプレゼントとして、アイウェア一式ご購入の方にヴィンテージフレームを一本プレゼントいたします。(例えば、ご夫婦、親子、ご兄弟姉妹、カップルの方へのプレゼントにされてもOKです。)

クリスマス気分にもぴったりなマルセイユのXIT新作、V302。とてもロマンチックな雰囲気になるカラーリングに夢があります。

言葉にはならないですが、敢えて一言言うとすれば、Fantastic⭐️

XD pour JEANPAUL KNOTT。ザビエル・デロームとジャンポール・ノットによるコラボレーションモデル。日本にはほとんどないレアなサングラスです。日本で数本や場合によっては一本というモデルも当店には案外あるのですが、そういうマニアックさにも愛を捧げていきたいです。今後も。

BRO!のサングラス。好きすぎて、売れていってしまう時に少しだけ寂しさも感じてしまいます。
ジャケットのジョンにも、是非かけて欲しかったモデルです。

ここにお店を構えた最初の頃のように、レコードジャケットとアイウェアをカップリングしました。
レコジャはアーシャなものが最高!と思い、時代の気分みたいな感じで混ぜてみました。
先日、このレコードは売り物ですか?と海外の旅行者の方に尋ねられました。
サングラスは売り物です(笑) 写真はイメージではありません。

近所のブティックの前に咲いていた花に心動き、思わず一枚こそ撮りしてしまいました。勝手に撮ってすみません。花泥棒ではないのでお許しください。

ルーカス・ド・スタールの新作フレーム。レザーのフレームなのですが、この色味に惚れてしまいました。
質感にマッチした色。色と質感。このことは、どのアーティストにも大切なテーマなのかもしれません。

デザイナーのルーカスの祖父は著名な画家である、ニコラ・ド・スタール氏。ロシア貴族の子息として生まれ、ロシア革命のために亡命を余儀なくされ、最後に移った国がパリとのことです。パリに移った翌年に外国人部隊に入隊されています。朱の色の表現は違うのでしょうが、どことなく、通ずる色彩に歴史がぼんやりと交差する気がしました。

タリアンのデザイナーであるジェイミー・タリアンも陶芸が趣味でもあるアーティスト。アセテート生地に土を混ぜるという技法も興味深い。品質、デザインともに素晴らしく、すべてのモデルが少量限定生産で一本ずつ丹念に作られています。

新しく導入したドイツのブランドSelecta。古き良き時代のニューヨークのモダンアートからインスパイアされたデザイン。後ろの方は、日本が誇る鯖江の中でも、堅実な物作りに定評がある「生粋」。
ドイツ、日本それぞれの品質の良さを実感していただけるクラシカルモダンなデザインです。
なぜかボカシが入ってしまいましたが、R18ではありません。

FREDERIC BEAUSOREILからのクリスマスプレゼントはカラフルで可愛いのですが、どことなく悪女な香りのするメタルフレーム。可愛いの後ろにセクシーなピストルを詰め込んでいるようなデザインだと感じました。美人!って声が出てしまうモデルです。

お店の前にいつも咲いてくれていたサルビア。今はもう逢えないですが、ウィンドウ越しの恋は実らず、今はただ、呆然と何も咲いていない空鉢を眺めています。

グラマラスなChloeのサングラス。ジャケの女性がかければ、きっと似合うだろう一本。

ボーソレイユのビンテージ感、抜群なサングラス。こちらもジャケのアルトンたちがかければ決まるだろう一本。

クリスマスっぽいガラガラ蛇のジャケ。音楽はチェコスロバキアのアーティスト、JAZZ FRAGMENT PRAGUEの名盤ANACONDA。ROMANCEという曲は美しいスキャットナンバーです。
この音楽にはこのアイウェアってイメージ、逆も然り、そういうこと感じるの楽しいです。このアイウェアで読みたい詩なども…アイウェアも音楽も本も好きなのです。
一緒に並んでいるのは、ボーソレイユの当店イチオシのコンビネーションフレーム。
カラーリング、質感、かけ心地の良さ、品質ともに素晴らしいコレクションです。

パリのボーソレイユ5姉妹にはシュールな奥ゆかしさと激しさを

マルセイユのXIT3姉妹には耽美な静けさを感じてしまいます。素晴らしいモデルたちに是非、逢いにきてください!皆様のお越しをお待ちしております。

投稿者:Kumashiro  2017/12/06 22:24アート アイウェア ファッション ライフスタイル 音楽