東京にて

東京、汐留の新しい眼鏡の展示会SITE2017とIOFT2017国際メガネ展に行ってきました。
展示会は国内でも海外でも新しい製品を見ることが出来て、刺激を感じて、このアイウェアをお客様にご紹介したいというモデルを仕入れます。今回も数多くの新しいデザインの風を感じました。展示会の度に毎回感銘するのが、アイウェアのような小さなもので制限のあるデザインの世界の中で、常に今までにない新しいデザインが生まれてくること。想像の泉はどこまで続いていくのだろうか。

夜の少し落ち着いた雰囲気の展示会場の雰囲気も乙なものです。アイウェアは仕事を終えて帰路するところからもあなたを癒すちからを持つデザインのものの方が良い。そう考えると、仕入れも、夜に落ちついて身につけられるものを選ぶこともひとつの選択肢になるだろうなと今回感じました。

こういう時代のアイウェアは身につけている時以外のそこに置いている時、そういう時にも絵になるデザインのものがいい。絵になるものには、きっと、言葉では言い表せないちからがあると思います。

汐留のビル群も路上のライティングも含めて絵になる景観だった。巨大な建築物も小さなアイウェアも設計の元に成り立っていますが、両者とも使用や保有されていってこそ価値が生まれてくる。ビルもアイウェアもしっかりとメンテナンスを行えば、構造を問わず長い年数使えるのだろう。ビルなど鉄筋コンクリートが耐用年数が50年だとすれば、アイウェアも技術の進歩により10年以上使えるものも増えている。(レンズや安価な素材なものを除いて)

汐留のイタリア街は石畳のゆったりとした街並みに西洋風な建物などが統一感があり素敵でした。広場でもそれぞれの人々が静かにくつろいでいる感じが、この場所を訪れてきた人たちをほっとさせてくれるようです。


IOFT国際展示会もアジアからのバイヤーも多く盛況だったみたいです。写真を撮ることを忘れてしまいましたが、spec espace,H-FUSIONは国産フレームの中では、鯖江の最新の技術と欧州にはないデザインへのアプローチで独自な世界観を表現していると思います。

広島の素敵なアイウェアショップr.namikiのオーナー山根ご夫妻のご子息がソムリエで入られている西荻窪の創作フレンチ「東京オルガン」は料理、ワイン、音楽、アットホームな飾らない雰囲気などがとても居心地が良いお店でした。前菜からメインディッシュまでのひとつひとつの料理とワインのマリアージュが最高でした。しかも、なんと、アナログ盤でジャニスやバディーリッチをかけられてるというフレンチでは異端な雰囲気。気分が上がりっぱなしになりました。トゥーランドットの榊原さん、小村さん、竹中さん楽しい時間を設けていただき、ありがとうございました。そして、初めてご一緒させていただいた山根ファミリーのみなさま、素敵な時間をありがとうございました。とても楽しい夜となりました。