視力検査機器と視力測定メーター

アイウェアを選ぶという楽しさに比べると視力検査、視力測定、レンズの選定という行為は元々煩わしい行為でした。しかし最新のオートレフラクトメーターや視力メーターは被検者が疲れにくい機能を備えています。TOPCONの最新機器RM-1FREXYはモニターに映る被検者の瞳孔中心に触れるだけで、自動で焦点を合わせ迅速にデータを導きます。左右のデータが出るまでの時間はわずか約20秒ほど。データのばらつきのなさも素晴らしい。お客様にはよりスムーズな検査が可能になりました。TOPCONさん素晴らしい!
検査機器のデータを基にお客様のアイウェアを使用するシチュエーション、TPOなどをお聞きしながらベターなレンズ選定を行います。なぜベストではなくベターなのかというところはアイウェアは実際に使用してみないと完成ではないと考えるからです。例えば眼のコンディションの良し悪しの判断も難しいこともありますし、感覚を数値化すること自体デリケートな行為なのです。もしアイウェア作製後に使用してみて、視え方に違和感がある場合はご自分で判断なさらずに、すぐにお店におこしください。フレームの調整で視え方が自然に調整できる場合がほとんどだと思います。特にノーズパッドやフロントリムラインの傾斜角の微調整などフィッティンングで解決しやすい。もし万が一それでも解決しない場合はレンズの選定の見直しを行います。保証期間は購入されてから半年までは有効です。「眼鏡店とは感覚を数値化すること(例えばレンズの選定、度数の取り決めなど)や数値化できない感覚を形で捉えること。」(フィッティングによる掛け心地の追求など)様々なニーズに対応できる視力メーターも最新機器のTOPCON製を使用しています。深視力検査もきっちり対応しています。

20121011-011036.jpg

20121011-011117.jpg

投稿者:Kumashiro  2012/10/11 01:05アイウェア