似合うが先か?好きが先か?

似合うが先か?好きが先か?
「好きなのはこっちのフレームなんだけど、似合うのはこれかな〜。」
フレームを一緒にお選びするときによく出てくるコメント。
好きなのを選んでその後「それあんまり似合ってないよ。」と
身近な人に言われ、かけることに自信をなくす。
似合うのを選んでその後、やっぱり好きな方にすればよかった。と
後悔をしてしまう。
 メガネやサングラスを選ぶ時だけに限らず「物」を選択する行為
(物だけとは限らない)のなかで必ずこういう迷いが出てきます。
洋服も化粧品もヘアスタイルもおそらくかつらも。
 もちろん好きで似合うが一番なんだけれど、最初から
『めちゃ惚れ』ってどうなんでしょう?
僕の経験上、意外と飽きるのも早かったりする場合も多い。
後々に段々好きになる余白をのこすセレクトが肝なんじゃないかな〜。
 僕なりの解釈ですが、お洒落だな〜って思う人は
『思い詰めない軽さ』がある。
言い方を変えれば「なんか気になるからこれにしよう!」
って人。 粋だね!あんた。って人。
 メガネやサングラスをその方のライフスタイルや
職種、シチュエーション、ファッションなどを
お聞きしてコンサルタントするのはプロとして
当然必要です。唯そこに固執するのもどうなんだろう?
そこをストイックに突き詰めるとお客様が”感じる”
ところが鈍ってくような気がします。
 デザイナーのイマジネーションを直感で感じて欲しい。
そう考えるこの頃です。 

投稿者:Kumashiro  2008/10/16 07:53アイウェア