Eye’DCの眼鏡があたえてくれるもの 其の一

ブログアイアイ8
Eye’DCと神代眼鏡店。マルセイユと佐賀。フランスの南と日本の南。
もともと接点がない2つのものが線となって、かれこれ15年が過ぎました。
 
 眼鏡をデザインするときにデザイナーに最初におりてくるもの。
ファーストインスピレーション。
おりてくる?  どこから?  なんのために?
インスピレーションとは不思議なものです。
この不思議なインスピレーションがEye’Dcのデザインの出発点
じゃないかな?って感じます。
いつも新作をみるたびに『すげ〜〜!』とか『どうなってんだろう?』
って驚きや刺激を与えられるのですが、それを身につけると
自然に顔になじむものが多いのです。(たまにやっぱりなじまないのもあります。笑)
 
 子供の頃、コロコロコミックというマンガ本の中で『ドラQパーマン』って
藤子不二雄さんの作品がありました。読む前に『ドラQパーマン』のスペクタクルな
世界を想像するだけで楽しくて発売日が待ち遠しかったのを覚えています。
ドラえもんとオバケのQ太郎とパーマンの夢のコラボレーション。
この強烈な個性の3人をどう物語でからませるのか?と
おそらく藤子不二雄さんは頭を抱えたんじゃないかな〜。
衝突の中から生まれる想像のつかない世界。
子供心に僕はその『世界』にわくわくしたんだと思う。
        わくわくする。
 マルセイユと佐賀の接点はわくわくするところにあるかも。
デザイナーの知的探究心の源もそうだし、それを感じる僕らのアドレナリンの源もそう。
マルセイユからそのアドレナリンの源が届きました。
 ドラQパーマンと同じようにEye’DCのデザイナーは3人。
3人の衝突の中から生まれる想像のつかない世界。
3つのインスピレーションが問うものとは?
はたして?
 
 
 

投稿者:Kumashiro  2010/01/26 07:29アイウェア