BEAUSOLEILのサングラスと蝉の歌

FullSizeRender 4

昨年の終わり頃から、世界で、そして日本でも悲しい出来事が数多く続き、なんとなく、このブログに綴る「言葉」を難しく感じてしまい、見失っていました。この期間色んなことを考えていました。各国で繰り返されるテロ、紛争、大量殺人…いつの時代でも起こりうることなのでしょうが、平静でいられなくなるくらいに痛ましい出来事の連続でした。人が人を殺すことが日常に思えてしまうように繰り返されるニュース。命って何なのでしょうか。死って何なのでしょうか。生って何なのでしょうか。

今日もギラギラとした太陽に負けない声で蝉が歌っていました。ずっと聴いているとその力強さから信じられないくらいの静かな安らぎを感じました。眩しさを和らげてくれるような声でした。ひょっとして、この声こそが「生」そのものなのかもしれません。そう感じた8月の昼下がり。今も儚い蝉の歌を聞いています。夏にぴったりのラバーズロックです。

ボーソレイユの迷彩サングラスを恐竜Tシャツに合わせてみました。ポールスミスのパリコレで着られたものらしいです。ピンクの瞳が気に入っています。着ていて、しばらくして恐竜と気づいたのですが、最初ワニだと思っていました……..想像はどこまでも自由でいいですよね(笑)

投稿者:Kumashiro  2016/08/14 14:59アイウェア ファッション ライフスタイル