カートコバーンの遺言

XITとNAO NEDのコラボレートサングラス「BRO!」。ユニークでありながらもスタイリッシュなファッション性に魅了されます。次世代を感じさせるデザインがお見事です。

左 XIT eyewearのデザイナー、ライオネル・ベレット氏。右 NAO NEDのデザイナー、ジャン・フィリップ氏

究極に非対称なのに、違和感がないのは、ふたりの感性が共鳴しているからでしょうか。

ニューウェーブな形でもあるテレビジョンカットもシートメタルを切削することにより、フェミニンなサングラスになるから不思議です。

フランス文学好きなライオネル氏の遊び心が粋な人気モデル。かけてる人に近づき、その詩を読んであげたくなりそうです。(笑)そういう仕掛けが思い浮かぶライオネル氏こそ詩人ですね。

“it’s better to burn out than to fade away”はカート・コバーンの遺書に書かれていた言葉で、「錆びついていくなら今燃え尽きたほうがいい。」彼がリスペクトしていたミュージシャン、ニールヤングの”Hey Hey,My My”の歌詞の一節をフレームに刻んだモデルです。

ライオネルさんのそういう思い…この方には届いたのかもしれません。

投稿者:Kumashiro  2017/03/29 19:25アイウェア ファッション ライフスタイル 音楽