2017年。

マイナス3度と表示されたアイフォンのフォントがたまらない朝。今年も残りわずか、お店のアイウェアたちもお正月をここで迎えるのか、愛してくれる人に出逢えるのか落ち着かない時を過ごしています。アイウェアみんなには今年一年とてもお世話になりました。そして、みんなを可愛がっていただいた皆様ありがとうございました。今年はずっと、このお店が続いてきたのはどうして何だろうと自問し続けた日々でした。そのことについて決して答えが欲しい訳ではなく、迫りたかったのだと思います。百五十年間のことを高々一年で考えていこうなど甘いこととは承知の上、ぶつかっていきました。ぶつかるというと強弱フィジカルなイメージですが、柔らかさの中へ入り、流れるようなイメージでした。柔らかく流れるように想像していっても、濁流に溺れそうになったり、石のような頑固さが現れてきたりして、弾け飛んでしまいそうでしたが、そういう時こそ空を見上げ、遠くの声を聴き、遠くと近くの小さな命を慈しむことを大切に感じました。

眼鏡店として、アイウェアショップとして、ここまで継続させていただいている理由のひとつは、歴代のお店に関わってきた人たちが眼鏡という鏡を磨き上げてきてくれたからなのだと思います。鏡はありのまましか映さない。「それを纏った人がありのままのせかいを出来る限り見れるようにと、磨かせせていただいた鏡。」その真摯な行いのことを「デザイン」と呼び、そして、決して万能ではないゆえに、さらに良い「デザイン」へと鏡を磨き続けれる人のことを「デザイナー」と言うのだと思います。そして、そのように生まれたデザイナーのデザインフレームを皆様が纏っていただいて初めて「アイウェア」という顔になるのでしょう。歴代の社長や社員、パートの方々のそこへの努力と純粋さを無駄にしてはいけない。やはり、そういう思いを共有していただいたお客様への感謝こそがすべてなのです。ありがとうございます。僕が汚れても、鏡は絶対に綺麗なものを纏っていただきたい。この一年で心地よく消失できたことを誇りに、慢心せず謙虚な心で、2017年の残りの日々を進んでゆきます。

年末年始は12月31日の17時まで、2018年は1月3日正午より営業いたします。どうぞ宜しくお願いいたします。少し早いですが、今年も一年お世話になりました。感謝しております。2018年も皆様にとって良い年でありますように。

投稿者:Kumashiro  2017/12/28 14:34アート アイウェア ファッション ライフスタイル 書籍 音楽