希望


                希望 
           もともと
           人は言葉のない世界に
           身振りのない世界に
           感覚のない世界に
           自我のない世界に
           生まれたんでしょう
           
           自我が芽生え
           感覚を身につけ
           身振りを覚え
           言葉を喋り始めた
           
           ひとつが増えると
           ひとつが減り
           残していくべき
           消え去る事象は
           遠く
           離れに
           微かな光をのこす
           
           ウスラボケした
           彼方の光よ
           どうか
           彼方の光よ
           聞かせてくれないかな
           そこでの話を
           偽りの塊と
           真実の希望
           について

投稿者:Kumashiro  2008/11/11 18:46ライフスタイル