クマシロ眼鏡店について

tennai

1868年創業の神代眼鏡店は、147年ものあいだ眼鏡と共にお客様に支えられて歩んでまいりました。メガネを[歴史]というファクターを通じて、本質な部分まで深く丁寧にお客様にご紹介させていただいております。

徹底した検眼とお客様が納得のいくアフターケアが出来る眼鏡店です。店内にはジャストフィットするメガネを豊富に取り揃えておりますので、お客様に一番フィットする眼鏡をお選びすることが出来ると思います。

神代のメガネ

メガネとは何でしょう?

メガネとは、あなたの友人であり、恋人であり、戦友であり続ける存在です。

ジョン・レノン、ビル・エバンス、レイ・チャールズなど過去の偉大な表現者達もその時代を生きていく術として、最高の選択でメガネを身にまとっていました。彼らの人生を共に見つめ、彼らの個性を引き立てる最高のスパイスなりうる本物のメガネだけが選ばれて来たのです。

限りなく純粋で極限まで研ぎすまされた本物のメガネを生み出すクリエイター達の、魂をすり減らす程に注がれる想像力に私は何度も何度も心を打たれてきたのです。そして、その事をみなさんと共有出来る事に喜びを感じてきました。

みなさん、騙されないでください。この世の中には無感情に大量生産された本物には程遠いフェイクが溢れ、もてはやされています。メガネに限らず、様々な物事において本物とフェイクの地位が逆転してしまっている。そこには本当の想いも情熱も存在しません。時間が経てば確実に風化する感情の後に残るのは、大量消費文化が持つ空しさだけです。

メガネで言えば、メディアの煽り文句が無ければただのプラスティックの固まり。そんなフェイクがあまりにも多すぎる。もういいでしょ?私たちが生きてるこの時代そのものですらも危ういのに、フェイクを身にまとい、あなた自身と似て非なるものになる必要性はないと思う。フェイクなメガネには、あなたの楽しく有意義な時間や、悲しく孤独な時間を共に分かち合う程の懐の深さはありません。

「眼鏡」とは眼を映す鏡と書きます。その鏡が輝いていないとその人を輝かせることは出来ません。その鏡に思想がないとその人の想いも伝わりません。その鏡に哲学がないとその人のアイデンティティーも理解されません。その鏡に愛情がないと異性を口説く事も出来ないのです……。

大量生産・大量消費の文化に対してのアンチテーゼとして、神代眼鏡店は本物だけにこだわります。アイウェアと呼ぶにふさわしい本物のメガネだけをセレクトしお届けする事で皆さまと感動を分かち合う事が私達の基本スタンスであり、1868年の創業以来受け継いできた願いでもあるのです。

取扱ブランド